製造・工場・その他派遣のお仕事探しなら「求人もあ(MORE)」におまかせ!

工場派遣の休憩時間ってどれぐらいですか?

2020.08.07

愛知県豊橋市に人材派遣会社を営み、工場求人もあ(求人MORE)を運営しています「株式会社サンキョウテクノスタッフ」です。

ブログ形式で「派遣のお仕事情報」や「初めて派遣で働くひと」のお役立ち情報を定期的に配信していきます。


さて、早速、今回のブログのテーマに入りたいと思います。

今回のテーマはズバリ『工場派遣の休憩時間ってどれぐらいですか?』ということでお伝えしていきたいと思います。


↑<ブログコンテンツのYoutube版をアップロードしました!お役立ち情報を週1でアップロードしているので、チャンネル登録よろしくお願いします>


■みんな気になる休憩時間

新しいお仕事を始める時、お給料と共に気になるという方が多い休憩時間。あらかじめ休憩時間がどれぐらい取れるのかを知っていると、気持ちの面でも余裕ができますよね。

まずは労働基準法で定められている休憩についてご紹介します。


□労働基準法が定める休憩の定義について

労働基準法第34条では、下記の労働時間に従って各休憩を取るように定められています。

・6時間を超え、8時間以下の場合は少なくとも45分

・8時間を超える場合は、少なくとも1時間


少なくともという表記がありますが、各指定の休憩時間以上であれば多く休憩を取得する分には法律上問題はありません。

また中には、昼休み中に電話や来客対応をしているという方も多いのではないでしょうか。昼休み中に電話や来客対応によって昼当番で昼休みが費やされてしまった場合、その時間は”業務をしている”とみなされます。

表向きは昼休憩と言われていても上記のような場合は勤務時間に含まれます。そのため会社は別途休憩を与えなければなりません。


参考▼(厚生労働省:労働時間・休憩・休日関係)

https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudoujouken02/jikan.html


上記については労働基準法によって定められているため、自分が該当すると思った場合は、すぐに会社に相談するようにしてくださいね。

■工場派遣の休憩スタイルは?

では内容を工場派遣に戻したいと思います。工場派遣の休憩時間は、派遣先によって異なります。昼休憩のみまとめて取る場合もあれば、小休憩として休憩時間を分割している場合もあります。


多くの工場は機械の稼働を止めて一斉に休憩に入りますが、中には交代で休憩に入る職場もあります。新しい職場でお仕事をスタートする場合は、現場の担当者に休憩時間やタイミングを確認してから休憩に入るようにしてくださいね。

参考程度ですが、「トイレに行く」など、ごく短時間で持ち場に戻るようなものは休憩時間には入りません。とはいえ、頻繁に持ち場を離れ、トイレに入るようなことがあれば、同じ職場で働いているメンバーは気になるもの。

トイレ休憩やドリンク休憩はなるべく正規の休憩時間に済ませておくように心がけておくと良いですね。

■休憩の過ごし方

最後に工場派遣で働く方々がどのように休憩時間を過ごしているのか、ご紹介します。


□音楽を聴く

音楽を聴く以外にスマートフォンのアプリで遊んで気分転換を図ったり自分の趣味を楽しみます。


□睡眠に充てる

午後への気持ちの切り替えのため、仮眠を取る方もいます。


□身体を動かしリフレッシュする

スタッフの中にはお昼休憩や小休憩を上手に利用してストレッチをする方もいます。工場の駐車場や広場などを散歩したり身体を動かしてリフレッシュする方もいますよ。


工場勤務は立ち作業が多く慣れていない場合体に負担がかかることもしばしば。

そのため1日集中力を切らさず作業を続けるためにも、休憩時間はしっかりと身体と頭を休めるようにしましょう。


今回は『工場派遣の休憩時間ってどれぐらいですか?』について特集をさせて頂きました。

皆様のお仕事探しのご参考になればうれしい限りです♪


静岡・愛知・兵庫・長野などでの工場・製造のお仕事も工場求人MORE(モア)におまかせ!

お電話でのご相談やお問い合わせも大歓迎です。

その場合は下記のお問い合わせ窓口から、運営企業である「株式会社サンキョウテクノスタッフ」のお近くの営業所までお気軽にお電話ください。

https://www.sankyo-gr.com/jigyousyo/