静岡・愛知・兵庫・長野での工場・製造のお仕事なら工場求人MORE(モア)におまかせ!

工場でのお仕事は臭いが気になります…実際はどうですか?

2020.05.08

愛知県豊橋市に人材派遣会社を営み、工場求人もあ(求人MORE)を運営しています「株式会社サンキョウテクノスタッフ」です。

ブログ形式で「派遣のお仕事情報」や「初めて派遣で働くひと」のお役立ち情報を定期的に配信していきます。


さて、早速、今回のブログのテーマに入りたいと思います。

今回のテーマはズバリ『工場でのお仕事は臭いが気になります…実際はどうですか?』ということでお伝えしていきたいと思います。

工場での臭い、実際はどう?

工場のお仕事の中には、製造する製品や使う薬品によって様々な臭いがします。もちろん工場内で生じる臭いへの対策も色々とあります。例えば臭いの程度に合わせたマスクの支給、臭いの種類に合わせた消臭・脱臭の装置の設置、シャワールームの完備、室内の換気など。

しかし現場を体感したり、見たりしないとリアルな様子はなかなかイメージできないものですね。そこで今回はご紹介します。


工場では作業の工程で臭いが生じる事があります。それは工場の種類や作業内容により異なります。


■食品工場、製菓工場

食品工場で生魚や生肉をなどの生鮮食材を加工する現場は食材の臭い、加工食品に香料を添付する際、食材を過熱した時の排気など、食品によって製造の過程において様々な臭いが工場に立ちます。

製菓工場ですと、基本的に甘い臭いが工場内に充満しています。甘いものが苦手な方には少し大変かもしれませんが、この香りが好きで毎日のお仕事が楽しい!という方も。

甘い香りや食品の加工の臭いは大して気にならない方もいますので、食品加工工場の臭いは個人によって感じ方は異なると言えるでしょう。


■プラスチック工場・ゴム製品工場

プラスチックやゴムを成型に必要な加熱の工程。その際にプラスチックやゴムを溶かす、薬品のような臭いがすることもあります。この臭いは化学的・有機的なニオイのため、嫌なニオイと思う方が比較的多い傾向に。吸い込まないように工業用のマスクを着用など対策が取られていますが、喘息持ちや呼吸器官が弱い方は、応募時に注意が必要なこともあります。


■製紙工場、ダンボール製造工場、印刷工場

本屋や新聞紙から匂う、インクのイメージすると分かりやすいかもしれませんね。マスクを着用している工場が多いですが、臭いの対策だけでなく、細かい繊維の粉塵を防ぐ役割もあります。


■半導体工場

自動車やパソコンなどの普及率に合わせて、国内での工場数はかなり増えています。精密機械の扱うこともあり室内の環境は清潔感が重視されています。加工の過程でも臭いを放つ場面がほとんどないので、臭いに敏感な方にはおすすめです。

気になる臭い、アレコレ対処法

工場での臭いについてのお悩みは人それぞれ。多角的にお悩みと対処法をご紹介します。


■服に染み付いた臭いを落としたい

工業用の油は工場内に少なからずミスト状として飛散しています。吸い込まないようマスクをしていても、作業服やその中に着ているシャツや靴下などに臭いが付くことも…。そのような時は、熱いお湯で洗うと効果的です。油は冷たい水では溶けません。漂白剤では臭いも落ちません。臭いが付きにくい洗剤で臭い対策をするのも効果的です。


■マスクをしている中の臭いが気になる

工場で支給されたマスクを着用しますが、マスクの中がムレて不快に感じてしまう方も…。口腔内の菌がマスクの中で繁殖することによりムレたり悪臭が発生します。マスクをする前に歯磨きなどの口腔ケアをするだけでも違ってきますよ。マスク着用前にミント系のタブレットも嗜むのもオススメです。


■工場見学で実際の様子をチェック

お仕事を始める前に、工場内で実際のお仕事を見学できるところもあります。気になる方は実際に臭いを確認しにいくと安心でしょう。


今回は『工場でのお仕事は臭いが気になります…実際はどうですか?』について特集をさせて頂きました。

皆様のお仕事探しのご参考になればうれしい限りです♪


静岡・愛知・兵庫・長野などでの工場・製造のお仕事も工場求人MORE(モア)におまかせ!

お電話でのご相談やお問い合わせも大歓迎です。

その場合は下記のお問い合わせ窓口から、運営企業である「株式会社サンキョウテクノスタッフ」のお近くの営業所までお気軽にお電話ください。

https://www.sankyo-gr.com/jigyousyo/