製造・工場・その他派遣のお仕事探しなら「求人もあ(MORE)」におまかせ!

『玉掛技能者』の資格って何ですか?

2020.04.11

愛知県豊橋市に人材派遣会社を営み、工場求人もあ(求人MORE)を運営しています「株式会社サンキョウテクノスタッフ」です。

ブログ形式で「派遣のお仕事情報」や「初めて派遣で働くひと」のお役立ち情報を定期的に配信していきます。


さて、早速、今回のブログのテーマに入りたいと思います。

今回のテーマはズバリ『『玉掛技能者』の資格って何ですか?』ということでお伝えしていきたいと思います。 

■玉掛技能者とは?

製造業や金属化工業、建築現場などでは、人の力だけでは運ぶことが困難な重量の荷物や、鉄骨や横架材のような大きいサイズの材料を扱う機会が多いです。運ぶ作業は主にクレーン車で行いますが、クレーンのフックに荷物をひっかけたり外したりする作業を「玉掛け」と呼びます。この作業を行える資格が「玉掛技能者」です。

玉掛技能者とは、玉掛けの技能講習および特別教育を受講した方が習得できる「労働安全衛生法」で定められた国家資格です。作業からそれを安全に行うために、以下の項目の知識を把握しています。

・吊り上げる為に使用する用具の選定や、その安全性の確認

・重量物や長尺物を吊り上げて垂直または平方向に移動させる為に、荷物の重心を見極める

・クレーン操作の人と合図を取り合って作業を行う方法

・作業全体の安全確保の方法

・荷物を目的地まで誘導する


安全性と技術が求められ、とても難しそうな資格ですが、実は取りやすい資格でもあるのです。次にその理由を説明しましょう。 

■資格の習得方法

玉掛技能者の受講資格は特に制限はありませんので、運転免許書や学歴がなくても誰でも挑戦できる資格です。ただし就業できるのは18歳以上のため、都道府県によっては年齢制限を設けていることもありますので要確認です。


玉掛技能者は以下の2種類に分けられます。

【1.玉掛け特別講習】…吊り上げ荷重が1t未満のクレーンなどの玉掛けができる資格

学科5時間と実技4時間、合計9時間の講習を2日間受講することで習得可能です。


【2.玉掛け技能講習】…吊り上げ荷重が1t以上のクレーンなどの玉掛けができる資格

3日間かけて19時間の受講によって習得可能です。こちらはクレーン運転士免許などの資格を持っていると科目の免除が利きます。また、クレーン運転特別教育とセットで講習が受けられる自治体もあり、日数と受講料が安くなります。都道府県によってかわってくるので、お近くの教習センターでお問い合わせをしておくといいでしょう。


どちらとも、講習を真面目に受講することで、合格率は比較的高い資格となっています。

製造業が初心者でもすぐに資格所有者となれる玉掛技能者。ではどのように活用されるかを最後に説明していきます。 

■玉掛技能者は長く付き合えるお仕事

最初にも述べましたが、重たい荷物の吊り上げは製造業や工事現場などで必ず行われる作業です。玉掛けも多く行われますが、この作業は不備があると死亡事故に繋がる作業でもあります。そのため、安全に行えるよう正しい知識をもった「玉掛技能者」は国家資格として定められており、現場作業では欠かせない資格です。

習得が初心者でも挑戦できるので、転職など考えている方には就職の幅を広げることが可能となります。また、技術の経験を積むことで年を取っても技術力でカバーしてお仕事も長く続けることができます。

スキルアップを目指したい、先を見据えてお仕事を探したいかたにオススメの資格ですよ!


今回は『『玉掛技能者』の資格って何ですか?』について特集をさせて頂きました。

皆様のお仕事探しのご参考になればうれしい限りです♪


静岡・愛知・兵庫・長野などでの工場・製造のお仕事も工場求人MORE(モア)におまかせ!

お電話でのご相談やお問い合わせも大歓迎です。

その場合は下記のお問い合わせ窓口から、運営企業である「株式会社サンキョウテクノスタッフ」のお近くの営業所までお気軽にお電話ください。

https://www.sankyo-gr.com/jigyousyo/