静岡・愛知・兵庫・長野での工場・製造のお仕事なら工場求人MORE(モア)におまかせ!

交代勤務?交替勤務?どちらが正しい!?どんな働き方か解説します!

2020.02.13

 愛知県豊橋市に人材派遣会社を営み、工場求人もあ(求人MORE)を運営しています「株式会社サンキョウテクノスタッフ」です。

ブログ形式で「派遣のお仕事情報」や「初めて派遣で働くひと」のお役立ち情報を定期的に配信していきます。

 

さて、早速、今回のブログのテーマに入りたいと思います。

今回のテーマはズバリ『交代勤務?交替勤務?どちらが正しい!?どんな働き方か解説します!』ということでお伝えしていきたいと思います。

 

「交代」と「交替」の意味は?

工場派遣のお仕事でよく聞きます「こうたい勤務」ですが、調べてみますと「交替勤務」と「交代勤務」、両方の漢字表記でよく目にするかと思います。どちらが正解でしょうか?

まずは「交代」と「交替」の意味の違いを確認してみましょう。

 

「交代」は、立ち位置や順番などがその場で代わるときに使われます。

例文としては、野球のピッチャー交代、世代交代、など、前の人が担っていた役割を後の人に受け継いでいくイメージです。

一方「交替」は、順番や役割が代わることが、繰り返しおこる際に使われます。例文としては、30分交替、運転を交替で行う、というように「AからBBからA」と入れ替わる様子を表しています。

上記二つは同じ読み方でありますが、実は意味が違っています。

そして正しいのは「交替勤務」です。その名を呈した通り、働く人々がローテーションをしていく勤務体制を表しております。

では具体的にどのような交替を行って、どんな働き方をしているのかをご紹介していきます。

 

二交替制と三交替制について


需要に合わせて大量生産を行うために、工場は24時間稼働している所が多く存在しています。そこで、お昼に働く人と夜に働く人と交替で行う勤務体制があるのです。

交替制勤務は主に「二交替制」と「三交替制」の2つがあります。

 

▼三交替制

工場ラインを止めず、フル稼働して製造を行っている工場にみられる勤務体制です。

24時間体制を3つの時間に分けて行います。たとえば「816時、1624時、24~翌8時」と8時間ごとに区切り、シフト形態を「昼勤、昼勤+夜勤、夜勤」というふうに区分されています。これにより勤務時間が固定されるので、残業が少なくなるようになっています。また、勤務時間も昼勤や夜勤と固定されている事も多いです。よって、時間を決めて働きたい方に向いている勤務体制と言えます。具体例としまして、お子様を預けてからお仕事をして定時上がりにお迎えに行く主婦の方は昼勤、夜勤を利用してしっかりと稼ぐ、というふうに時間を決めて働いて希望のライフスタイルに合わせて働くことができますよ。

 

▼二交替制

24時間稼働している工場において、昼勤と夜勤と二つで分けるのが一般的です。昼勤と夜勤を固定するところもあれば、交替制で行うところもあります。

2つに分けて「820時、19時半~8時半」というように休憩を含めた12時間を交替するシフト体制が多いです。長時間の勤務によってがっつり稼ぎたい人におすすめです。

昼勤務と夜勤務を交替で行うところは、交替時の時差による身体的負担を減らすために休暇に週休2日を採用している職場が多いです。しっかりとお休みがとれるので時差を修正しながら安心して働くことができます。

ライフスタイルに合わたお仕事を探している方は、交替勤務を活用できる工場派遣がおすすめですよ。

 

 

今回は『交代勤務?交替勤務?どちらが正しい!?どんな働き方か解説します!』について特集をさせて頂きました。

皆様のお仕事探しのご参考になればうれしい限りです♪

 

静岡・愛知・兵庫・長野などでの工場・製造のお仕事も工場求人MORE(モア)におまかせ!

お電話でのご相談やお問い合わせも大歓迎です。

その場合は下記のお問い合わせ窓口から、運営企業である「株式会社サンキョウテクノスタッフ」のお近くの営業所までお気軽にお電話ください。

https://www.sankyo-gr.com/jigyousyo/