静岡・愛知・兵庫・長野での工場・製造のお仕事なら工場求人MORE(モア)におまかせ!

製造派遣の工場ってどんな服装で仕事するんですか!?

2020.02.17

愛知県豊橋市に人材派遣会社を営み、工場求人もあ(求人MORE)を運営しています「株式会社サンキョウテクノスタッフ」です。

ブログ形式で「派遣のお仕事情報」や「初めて派遣で働くひと」のお役立ち情報を定期的に配信していきます。


さて、早速、今回のブログのテーマに入りたいと思います。

今回のテーマはズバリ『製造派遣の工場ってどんな服装で仕事するんですか!?』ということでお伝えしていきたいと思います。

■工場でのお仕事はなぜ、制服を着用するの?

工場で働く時は、指定の制服を着用するイメージがありますよね。なぜ制服を着用するのか、疑問に感じたことがある方も多いのではないでしょうか。

工場でのお仕事で制服を着用する理由は下記の通りです。

  • 異物の混入を防ぐため
  • 安全を確保するため
  • 作業をスムーズに行うため

このような理由により着用が義務付けられています。

そのため、制服を着用する時はシャツがはみ出していないか、サイズが必要以上に大きくないか、破れやほつれがないかなどを確認し、清潔感ある着用を心がけましょう。

万が一シャツがはみ出していたりした場合は、はみ出したシャツが機械に巻き込まれてしまいトラブルや事故の原因にもなってしまいます。

また靴においても、指定された靴を履くようにしましょう。足の上に工具や金属部品などが落下すると、ケガにつながる恐れがあります。

指定された制服をきちんと着用することで安全にお仕事をすることができます。

■業務や製造する製品によって、制服の種類は異なります

工場では、お仕事の内容や生産する製品・商品に応じて貸与される制服の種類が変わってきます。

続けてお仕事で着用されている制服の事例をご紹介します。


□製造工場・倉庫

倉庫やオペレーター業務のようなお仕事の場合は、動きやすい綿の作業着を支給されます。上下にわかれているものが主流です。工場によっては春夏物と秋冬物の2種類支給されます。

静電気を起こしにくい素材の物や通気性に優れた素材のものなど、その工場や作業内容にあった機能を兼ね備えているものもあります。


□食品工場

食品工場は髪の毛などの異物の混入を防ぐため、不織布でできたつなぎや白衣作業着が支給されることがほとんどです。また多くは帽子の着用が義務付けられています。

もちろん足元も消毒がされた靴や長靴が支給されます。


□電気・電子部品工場

電気・電子部品を製造する工場では、食品工場と同じく不織布でできたつなぎや白衣作業着が支給され、クリーンルームというホコリやゴミの侵入を徹底的に防止した部屋でお仕事をします。

食品工場と同じく、帽子の着用が義務付けられている場合もあります。

■通勤時の制服の着用

出勤先や登録している派遣会社にもよりますが、制服での通勤は原則NGとされています。

理由としては、ホコリやゴミを持ち込んでしまう可能性があるためです。

中にはジャケットを上から羽織る場合はOKの職場もありますので、通勤時の制服の着用を希望する場合は担当者へ確認をしましょう。


今回は『製造派遣の工場ってどんな服装で仕事するんですか!?』について特集をさせて頂きました。

皆様のお仕事探しのご参考になればうれしい限りです♪


静岡・愛知・兵庫・長野などでの工場・製造のお仕事も工場求人MORE(モア)におまかせ!

お電話でのご相談やお問い合わせも大歓迎です。

その場合は下記のお問い合わせ窓口から、運営企業である「株式会社サンキョウテクノスタッフ」のお近くの営業所までお気軽にお電話ください。

https://www.sankyo-gr.com/jigyousyo/